Home > 穂高 > 足跡

足跡

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-12-04 Mon 10:33:31
  • 穂高
雪の中を歩いていると、よく動物の足跡を見かけます。
キツネやタヌキにテンやウサギ…
それらが姿を見せるのは稀ですが、無雪期には気づかないその足跡を見ると、ヤツ達はこれほどたくさんうろついているのかと驚かされます。



171203 足跡



その足跡も、こうしたメルヘンちっくなのなら、なんてことはないです。

でも先日のこんなのは、ちょっとシャレになりません。


171128 足跡


水気の多い湿雪に、爪の痕までくっきりと…


ひょえぇぇ〜 くっくっくっ クマやんけぇぇ!
しかもまだ新しい!


折しもニュースで「栂池でバックカントリースキーヤーがクマに襲われて重症」ってのを見たところでした。

今冬は雪が早くて冬眠前の食糧にありつけず、ハラを減らしてウロウロしてて、凶暴になっとるんやろか?
そら人間だってハラ減ると気が立つし、、、
などといらぬ妄想がどんどん膨らみます。

その日は夜通し月夜の撮影をするつもりだったのですが、コワイのでもう下りてしまおうかと。
でももう夕暮れが目の前で、途中で暗くなったら最悪です。


171202 西尾根にて



結局、撮影しつつ夜明かししました。
でもシュラフに入って横になる気にもなれず、ツェルトから首だけ出して、時おりアイフォンで音や光を発しながら過ごしたのですが、いやぁ、寒さと怖さに震えながらの夜はとても長かった。

で、ようやく周囲が明るくなり、よし下山や! と。
でもそうするとその道中がますますヤバく思えてきて、こらぁ万が一のために状況を伝えておかんとマズイぞと、なけなしのバッテリーに気を使いつつ家人にラインしました。
すると「大きな声で歌いながら歩けば?」との返信。
「はぁ⁈ なにのんきなこと言うとんねん!」と、一瞬ムッっともなったのですが、
すぐに「なに歌お…?」と、
で、出てきたのが
「あるぅ日っ、森の中っ、クマさんに、出会っ……
って、出会ったらあかんやんけ!」
といきなりのひとりボケのひとりツッコミ。

もうコワイのだかアホらしいのだかハズカシイのだかよくわからない状態。

私は常々、穂高でクマ鈴を付けて歩いている方を見るにつけ「うっさいなぁ、穂高の稜線にクマなんかおらんわ!」とクマ鈴に批判的だったのですが、そのときばかりは何かしら音を出すものが欲しかったです。
(でも音を出してると良いというのもほんとうなのかどうなのか)

だいたい、こんな髭ヅラのおっさんが大声で歌いながら雪の中を歩いてるって、そんなの出会うのがクマならともかく、ヒトだったらどうしようみたいな。


そんなわけで、その姿があまりに不気味だったからか、クマには出会うこともなく、無事下山できました。



あー コワかった。






























Comments: 1

まとり URL 2017-12-05 Tue 13:35:59

クマの研究者から聞いた話ですが、12月に出没するツキノワグマは
①暖冬で穴ごもりが遅れている
②エサになるものが多く、クマが寒さに耐えられるので、穴ごもりが遅れる

今年は②にあたるのではないかと考えられます。
エサが大凶作だとクマは体力を消耗しないように早めに越冬に入るそうです。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 足跡

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top