Home > 穂高 > 錦秋の週末

錦秋の週末

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-09-30 Sat 20:58:05
  • 穂高
今日も稜線から日帰りで紅葉撮影。



170930 涸沢紅葉
(2017/09/30 涸沢紅葉)




秋晴れのしかも週末の涸沢は、それはそれは大勢の人々で賑わっておりました。

その中で今日私が特に印象的だったのは、訪れていた方どなたもが満足げな表情をされていたことです。

例えば撮影中にこんな会話が耳に入ってきました。

「やーオレ、こんなキレイなもの目に出来て幸せやわ〜
オレ達サラリーマンは、週末と晴れと紅葉のピークが一致せんと、こんなのなかなか見られないもんな」
「そうだよなー、だからオレも今週末はその条件が揃いそうだったんで、思わず金曜日にばあちゃんが危篤ということにして休んだんよ。
いやー、良かったわぁ!  サイコーだぁぁ!!」


ナルホド、
そうですよね。
普通のお勤めをされている方々が、こうした紅葉の最盛期の涸沢に身を置くというのはなかなかに難しいことであろうし、
しかもそれがドンピシャリに今日のような秋晴れとなるのはそうはないですよね。


行き交う老若男女すべての方が、錦織りなす光景に感嘆し、感動し、錦織りなす涸沢の秋を堪能されていたように思います。




そして稜線に戻って見下ろす涸沢には大テント村が出現しておりました。
その数なんと1400張!


何といいますかその夜景の光ひとつひとつからは、素晴らしい景色に出会えた人々の喜びが伝わってくるようでした。


170930 涸沢夜景
(2017/09/30 涸沢テント村の夜景 6:30 p.m.)





まあでも、小屋番としての本音としては、このトンデモなテントの数は「キレイだな〜」とか言ってる場合じゃないのです。
稜線の小屋は、まあなんとかほどほどの混雑で収まっていますけれど、涸沢の2件の山小屋は連日大幅に定員をオーバーしていて、
そのスタッフ達は連日の激務でヘロヘロのはず。
同業者としてはその過酷さがわかるだけに、どうかがんばれよと祈るばかりです。
マラソンで言えば35キロくらいを超えて今が一番キツイところ、でもゴールはもうそう遠くはないゾ。





































Comments: 1

北ア好き人 URL 2017-09-30 Sat 22:21:58

無事キレット行ってきました、と言いたいところですが、またまた体が故障して槍にすら上がれませんでした。なんと徳沢でリタイヤ。
何とか休んで天気も合って、サイッコウ!と思ったのに…。
カメラもGWの時に濡らして壊しちゃったから新しく完全防水買ったのに…。
ドンドン上がって行くみんなを横目に残念超して情けない。年か。体のメンテしてまた来年がんばろ。
山はやっぱりこの時期すんごい盛況ですね。「松本市涸沢町」みたいな町ですね。スタッフの皆様はほんとお疲れ様です。
今度こそ色鮮やかな涸沢見に行くゾ。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 錦秋の週末

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top