Home > 穂高 > 残雪多し

残雪多し

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-06-24 Sat 06:19:06
  • 穂高
一昨日からまた「梅雨の中休み」の晴天が続いています。

降り注ぐ陽光に涸沢では新緑が目に眩しかったです。


170622 涸沢新緑
(2017/06/22 涸沢 Sガレ付近にて)


しかし、この梅雨の少雨は喜んでばかりはいられません。
というのも、例年であればこの梅雨時期の雨が何より雪を解かしてくれるからです。
それが今年は春の残雪がそもそも多かったのに、少雨のためにこの時期になっても一向に雪解けが進んでいないのです。


これは涸沢からザイテングラードを見たもの。

170622 涸沢01
(2017/06/22 ザイテングラード方面)

ご覧の通り、まだザイテン取り付きまでビッシリの雪です。
当然アイゼン・ピッケルが必要になります。
で、何度も述べていますが「穂高では4本爪や6本爪の軽アイゼンはほぼ用をなしません」
穂高の急な雪渓では、つま先と踵に爪のないアイゼンではダメなのです。
どうぞ10本爪以上のアイゼンをお持ちください。
多少重かろうがなんだろうが命には変えられません。
過去に6本爪アイゼンであずき沢などで滑落してお亡くなりになった方は、一人や二人ではないのですから。


さてザイテングラードそのものは三分の二ほどは雪が消えています。
現状ではザイテンに取り付いたならアイゼンを外し、小一時間ほど登ると通称「20分広場」というテラスに着きます。
ここでまたアイゼンを着けることになろうかと思います。

170622 涸沢02
(2017/06/22 ザイテングラード「20分広場付近」)


アイゼンを着けたり外したりが面倒! という方は、あずき沢を直登することも現状では可能ですけれど(もちろんアイゼン装着で)、雪の上を登るよりはザイテンを登った方が遥かに楽で早いです。



170624 山荘_1
(2017/06/24 穂高岳山荘付近)


170624 山荘_2
(2017/06/24 穂高岳山荘付近)



しっかしまぁ、夏至も過ぎて夏山開幕となる「海の日」の連休まであと三週間。
それがこの残雪量だといったいどうなることやら。
(小屋前の深いところだとまだ5m以上あるでしょう)

明日からは雨の予報なので雪解けが進むことを期待しますが、それでも連休までに各ルートがアイゼンなしで通行できるようになるには(するには)、かなり難しい気がします。

因みに現状の他のルート状況は、
岳沢からは吊尾根の紀美子平付近に数カ所急傾斜の雪渓トラバースがあるのと、重太郎新道も残雪箇所が多数あるようです。
西穂からは西穂〜天狗のコル間はほぼ雪を踏まずに縦走できますが天狗のコル〜ジャンダルム〜奥穂高岳は急傾斜の雪渓通過が数カ所あり時間がかかるとのこと。
白出沢は渡渉点から上部はほぼ山荘下までびっしりの雪。
北穂〜涸沢岳間はほぼ残雪は消えていますが、涸沢槍付近の崩落が酷く現在補修作業中です。現状では通行はかろうじて可能ですが、とても不安定な状態ですのでお勧めはできません。

ともかく声を大にしてお伝えしたいのは、仮に何らかのルートでアイゼンなしで稜線まで登れたとしても、現状ではアイゼンなしではどのルートを下山するのも困難です。


これから先、各ルート状況は日に日に変化していきます。
今後の雨の降り方次第ではあるものの、ある意味一年の中でも最も変化の激しい時期であると言えます。


でも現時点でこれだけ残雪が多いと、どう転んでも海の日の連休ではまだ安定した「夏山」とはならないと予想するのですけれど。
































Comments: 1

北アの好きな人 URL 2017-06-26 Mon 23:54:25

うわ~、もうすぐ7月でこの雪はすごいですね。行きたいなあ。岳沢小屋ブログ6/24でも書いてました。涸沢側も雪一杯って。
雪って気温で解けるんじゃなくて雨で解けるんですね。
これだけ雪が残っていると、小屋番のお仕事も大変でしょうね。頑張ってください。でも今の季節あまりお客さんいないか・・・。
にしても大きな字で・・・。はい、よくわかりました・・。
とってもややこしい状態で「夏山」入りしそうですね。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 残雪多し

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top