Home > 穂高 > 遠望、はるか

遠望、はるか

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-06-06 Tue 08:00:15
  • 穂高
ここのところ梅雨入り前の気持ちのよい晴天が続いています。

170604 涸沢岳より
(2017/06/04 涸沢岳より)


季節外れの新雪風景の中、寒気の影響なのか日中雲は多めなのですが、何故かやたらと視界がクリアです。


170604 市街地遠望
(2017/06/04 市街地遠望)


上の写真は、前穂北尾根越しの塩尻と諏訪の市街地です。
ひとつひとつの建物が識別できるほどよく見えていました。(よく見ると諏訪湖も分かります)


で、先週のとある夕方には笠ヶ岳の稜線に謎の光を発見。

170528 謎の光
(2017/05/28 笠ヶ岳の稜線)


太陽の真下、稜線の向こうがオレンジ色に光っているのがおわかりになりますか?

スタッフたちと「あの光はなんだろう?」と話したのですが、「幻日」や「環水平アーク」とかの光学現象ではなさそう。
結局その場では判然としなかったのですが、その後つらつらと考えるに、
おそらくですけれど、あれは遥か砺波平野(!)の水田に太陽の光が反射しているのではなかろうか、と。
そういえば、この時期の劔からは富山平野の田んぼが光って美しいと聞いたこともあるような。



それから一昨日の夜、月夜の穂高を撮ろうと涸沢岳へ登った折のこと、
以前からジャンダルムの右奥に市街地の灯りがあることは気づいていて、たぶん濃尾平野(つまり名古屋)方面の街明かりであろうとは思っていました。

それが、その日はハッキリと市街地の灯りが確認できるではないですか!

170604 涸沢岳より月夜s
(2017/06/04 涸沢岳よりジャンダルムと市街地の灯り)


う〜ん、あれはどこの街なんだろうか。

カシミールとかのパソコンソフトを駆使すればたやすくわかるのかもしれませんが、まぁ今のところ私には「はるか遠くの街灯り」でよいのかなと。
でも例えば、岐阜市内から穂高が見える!、なんてことなら凄いですよね。
(小屋裏から伊吹山はよく見えるので、周辺市街からこちらが見えても全然おかしくないはず)


それにしても、結構な年月をこの稜線で過ごしているはずなのに、今さらながらに気づくことも多いものです。

そういえば以前、小屋のバイトの娘が天気のよい日に景色を見ながら「今日は遠くまでよく見えますねぇ!」と感激した面持ちで言うので、
「こんなんまだまだや、ホンマにスゴイ日には東京都庁まで見えんねんぞぉ」と言ったら、
「エッエエっ! ほんとですかっ!! スゴイ〜」と、さらに感激していたので、そこからもう何も言えなかったけど、
ごめん、、、  都庁はさすがに見えへんと思う。



























Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 遠望、はるか

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top