Home > 穂高 > 陽光

陽光

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-05-30 Tue 16:21:50
  • 穂高
5月としてはいささか行き過ぎた暑さが続いているようです。

しかし標高3000mの稜線では、まだ朝晩はもちろん日中でもストーブの火が消えることはありません。
とはいえ一歩小屋の外へ出ると降りそそぐ陽光は強烈で、残雪の表面をシャーベット状に溶かしています。


170527 陽光_0700
(2017/05/27 あずき沢にて)



水分を多く含んだ雪の表面がギラギラ光るのもこの時期らしいのですが、その雪面にこんなものを見つけました。



170527 アゲハ_1027
(2017/05/27 あずき沢にて)



朝方吹いていた強風に力尽きたのでしょうか、一頭の蝶の亡骸が美しい姿で雪に消えゆこうとしていました。

その羽は、時おり風に吹かれて生きているようにも動き、
また、アングルを変えるとまるで大海原に浮かぶヨットの帆のようでもあり、
小さな小さな存在ではあっても、まがうことなき命の輝きを宿していたことを伝えていました。


170527 アゲハ_1019




ところでこの蝶の種類を調べてみたのですが、ちょっと特定できませんでした。
アゲハの種類だとは思うのですが、もしも蝶に詳しい方がこの記事をご覧になられましたならお教えいただけると幸いです。




《追記》

上記に関しまして早速のコメントや友人からのご教授をいただきました。
この蝶は「アサギマダラ」ではないかとのこと。

調べてみましたが間違いないと思います。
教えてくださってありがとうございました。

そっかー、そういえばこのきれいな青を「浅葱色」というんだ。(新撰組隊士の制服もこの色でしたかね)
蝶としては長距離を移動する種として知られたものようで、私は蝶というと数種の高山蝶くらいしか知らずお恥ずかしいかぎりです。
でも2000km以上も移動した例があるなんて、いったいあの小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのかと驚きます。


そういえば、こんな詩がありましたっけ、



『 てふてふが一匹 韃靼海峡を渡って行った 』 (安西冬衛)



「春」という題名のたった一行ですが、とても空想の広がる詩です。


すると写真の蝶は、
さしづめ『 てふてふが一匹 穂高稜線を渡ろうとしていた 』 
ということだったのでしょうか。



…すごいなぁ。




































Comments: 4

URL 2017-05-31 Wed 06:42:46

どこから来てどこへ行こうとしてたんだろう。
切ない。万感の思いです。

Hachiro URL 2017-05-30 Tue 18:25:39

早速のコメントありがとうございます。
そうですね、「アサギマダラ」で間違い無いようです。
ブログの文章も追加させていただきました。

ありがとうございました。

URL 2017-05-30 Tue 17:51:10

はじめまして。いつもきれいな写真に見とれています。
前の人と同じでアサギマダラだと思います。標高の高い山地に多く生息するそうです。
それにしても、こんな雪の上で息絶えるとは、頑張って飛んできたのでしょうね。

URL 2017-05-30 Tue 16:55:13

はじめまして. 写真の蝶ですが,アサギマダラではないでしょうか. こちらのページ(昆虫エクスプローラ: http://www.insects.jp/kon-tyoasagi.htm )で確認して,アサギマダラと判断しましたが,如何でしょうか.

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 陽光

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top