Home > 穂高 > 表層雪崩

表層雪崩

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-03-28 Tue 16:05:46
  • 穂高
先日の日曜日、徳沢の河原に立つ一本のケショウヤナギの老木に降る雪を撮りに行きました。
狙い通りアプローチの河原は雪がよく締まって歩きやすく、そう苦労せずに徳沢までたどり着けたのです。
そしてこれまた狙い通り、午後には雪も舞い始めてくれました。
しかし、夕方に河童橋あたりまで戻ってきた時には雪は大粒の本降りとなり、あっという間にトレースも消えるほどの積もり方となりました。
そうして少々あせらされる思いをして、上高地を後にしたのです。


170326 徳沢ヤナギ
(2017/03/26 徳沢付近の河原にて)



確かにあれほど締まった雪面にまとまった雪が積もれば、表層雪崩の危険度は高まっていたと思います。

でも涸沢とかであればそうしたリスクに警戒することは出来ても、それが上高地であったならどうでしょうか。
実際、現在の上高地では雪崩に遭うような箇所はほぼトンネルで通過できてしまいます。
しかし昔の釜トンネルの上流側は、それこそ雪崩で多くの人が命を落とした難所であったとか。

この度の栃木県那須町での雪崩事故は「スキー場内であった」ということにどこか安心があったのかもしれません。


それにしても先日の長野防災の事故といい今回といい、本来なら本番での危険を避けるべくの訓練において、
このような取り返しのつかない悲劇が起こってしまったということには、本当に言葉がありません。

今日の昼間にTVの高校野球を目にして「ちょうどこの年くらいの若者たちが逝ってしまったのか…」と胸が詰まりました。

そして、子を喪われた親御さん達を思うと、この先ずっと雪崩以上のつらさや悲しみにさらされ続けるのではと悲痛な思いがします。
































Comments: 1

なっちゃん母 URL 2017-04-09 Sun 02:57:25

雪崩事故、私も高校山岳部出身なのでとても胸の痛む出来事でした。私も当時、同じように雪山で訓練登山を行いました。ベテランの先生はいつでも先頭にいて、滑落停止の練習では何度も見本を見せてくれました。それなのに今回の責任者は現場にいなかったとか。下見をすれば雪崩を予測できたのではなかったか、とも思います。
八郎さんのおっしゃる通り、油断や思い込みは本当に危険です。山に限らず、仕事にも当てはまるかなと思います。あの8人が命を犠牲にしてまで私たちに訴えなければならなかった事は何か?考えて行動していかねばと思います。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 表層雪崩

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top