Home > 穂高 > 晴朗なれど風強し

晴朗なれど風強し

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-10-29 Sat 15:02:19
  • 穂高
昨日の雪はやはりその後雨となりもうほぼ消えてしまいました。
今日は寒気が居残ったせいか、午前中から青空が広がったものの風が強く寒いです。

161029 岩峰湧雲
(2016/10/29 10:30a.m.奥穂岩峰湧雲)



さて昨日記した西穂からのお客さんについて。

結果からいうと無事に小屋へ到着されました。
午後2時頃に小屋へ着いた20代後半のその4人は皆ズブ濡れで、小屋へ入るなりぶるぶると震えながらストーブにかじりついておりました。
雪から氷雨に変わるというおよそ絶悪の条件の中、アルプス最難の縦走路を経てきたそれぞれの表情には「マジ死ぬかと思った」という怖れと、「生きててヨカッタ」の安堵が伺えました。

夕食の折に「どの辺で雪になった?」と僕が訪ねると、
「西穂越えて間ノ岳の辺りから…」と、ちょっとバツが悪そうにひとりが答え、
「天狗のコルから岳沢へ下りるエスケープって知ってた?」とさらに訪ねると、
「…知ってたんスけど、まぁイケると思って」と。
「そのあとジャンからロバ耳あたりキビしかったやろ?」とさらに訪ねると、
リーダーらしき若者が「でもっ… これくらいは想定していたことだし…」と、
そしてその言葉にかぶせるように他のメンバーのひとりが「やっ、でも死ぬかと思ったスよ!」と、
さらにもうひとりが小さな声で「穂高って、スゴいところスね……」と。

僕は黙ってみそ汁をストーブに乗っけて「コレ熱いから、気ぃつけて」とだけ言ってその場を去ったのですが、
内心では「オマエら、エー経験したなぁ!」と肩でも叩いてやりたい気持ちでありました。

そりゃあ小屋番としては小言のひとつでも言って、彼らの無謀さを諭すのが本当なのかもしれません。
でも僕はこういうちょっと無茶でアホな若者たちがけっこうキライではないのです。
(無自覚でエラソーなオッサンたちには困ったもんやと思いますけど)

そうした「死ぬほどの思いの酷い目に遭う」というのは、山をやる上でかけがえのない経験です。
凍えるような雨に打たれて、それでも必死の思いで冷たい岩を掴みながら歩いたその山は、きっと彼らの財産となるはずです。


今年も多くの方が穂高で命を落とされました。
その方々が無謀や無知のあげくにそうなったのかというと必ずしもそうではないと思うのです。
もちろん突き詰めれば、その方ご自身の些細な不注意や不用意が原因ではあるのでしょうけれど、
でもそうしたミスというものは彼方や私だっていつやらかしてしまうかわからない類いのものです。
僕よりはるかに優れた岳人たちが山で逝ってしまったことがそれを示しています。

経験を重ねるというのは想像力を働かせられるようになることだと思います。
そして想像力というのは他人の言葉ではなくて自らの体験こそが元となるものでしょう。
そのためには成功体験よりも手痛い失敗こそが血となり肉となるものです。
ただ昨今は人の失敗に対して厳しい世の中ですし、何より山での失敗は時として死という結果につながってしまいます。
だからそこが難しいところではあるのですけれど。


それにしても彼らの晩飯の食いっぷりは凄まじく、5合の飯を4人でペロリと平らげられたのには参りました。
まあそうして無事に着いた小屋で力一杯にメシを食ってくれるのは、小屋番としては嬉しいものでした。



















Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 晴朗なれど風強し

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top