Home > 未分類 > 山のてっぺんから

山のてっぺんから

  • Posted by: Hachiro
  • 2010-10-26 Tue 07:53:51
  • 未分類
なぜ「山」だったのか?


いくつか思うに、
幼いころから“遠いところ”が見わたせる高いところが好きでした。


神戸で育った僕は、
高台から見える海の向こうの山並みを、
じいちゃんから「あれがアメリカや…」と教えられ、
そう信じていました(ほんとうは紀州の山々です)。


そんな彼方への憧れや好奇心、
何より遠くが見わたせたときの気持ちのよさ。

だから「山」だったのかも知れません。
でも、新宿の高層ビルから眺める街なみなんかもけっこう好きですけれど。


さて、気持ちのよい秋晴れのとある日、
奥穂のてっぺんをひとりじめするのはとても贅沢な気持ちでした。

それを少しだけでもお裾分けできればと思い、
こんな動画を作ってみました。












もうじき小屋閉め。

今年は11月4日までの営業で、5日にはスタッフ全員下山します。

機材のほとんどを今月末のヘリで下ろしてしまいますので、
山から映像をお届けできるのは今回が今シーズン最後となりそう。
(何とか雪の映像もご覧いただきたいのですが)


今日は寒気が入ってきて雪となる予報。





早よいっぱいふれ…















Comments: 10

西嬉の大将 URL 2010-11-10 Wed 10:07:45

いつも、素晴らしい映像ありがとうございます。

山座同定、大変参考になりました。
合ってるものや、全然違って覚えていたもの
先のコメントにあった、読み方などお勉強になりました。

来年、奥穂に登れたら、お尋ねしたいと思います。
その時はよろしくお願いします。

この週末は、六甲全山縦走に参加です。
楽しんできます。

Hachiro URL 2010-10-27 Wed 12:54:23

誠くんへ

いやぁ~ ほぼ30年ぶりの再会、めっちゃ嬉しかったワ!

お互いそれなりに歳はとっとったけど、でも変わらへんなぁ~

なんか穂高が縁で、ああして再会できたこと、ほんまに嬉しい。

神戸で飲めるの楽しみにしてるな!


クリちゃんにもよろしく。

Hachiro URL 2010-10-27 Wed 12:49:36

g3163 さま

コメントありがとうございます。

確かに最近は5D Mark?がメインですね。
いろいろと弱点もあるにはありますが、あのサイズと重さで業務用HDカメラと遜色ない画が撮れるのは驚異的なことです。ほんとうに機材の進歩はめざましいものがあって、正直ついてゆくのが大変です。
でも、いちばん大切なのは自分の撮りたいもの、伝えたいものを真摯に見つめてゆくことだろうとも思いますので、今後ともがんばりたいです。

また来年、ぜひ穂高へお越し下さい。
よろしくお願いいたします。

Hachiro URL 2010-10-27 Wed 12:41:39

竹内 さま

> 一年間、素晴らしい穂高の風景を拝見させていただき有難うございました。

こちらこそご覧いただきありがとうございました。
下山後の冬のあいだも何度か撮影に入りますし、ブロクもぼちぼちと続けていきます。どうぞまたよろしくお願いいたします。

> もうひとつ、山の名前ですが「大天井」を何時から「オテンショウ」と呼ぶようになったのですかねー、私どもは
> 子供の頃より75年間「ダイテンジョウ」と呼んでおり変える気もありませんが。

ありゃぁ~、またやってしまいましたかね。 すみませんです。
実は「六百山」も間違って呼んでしまったようで。

まぁ、例えば「穂高岳」は「ほたかだけ」なのか「ほだかだけ」なのか、
正しくは「ほたか」だそうですが、僕は「ほだか」のほうが好きです。

それぞれにささやかなこだわりがあっても良いですよね。

神戸 誠 URL 2010-10-27 Wed 01:13:53

映像を観ていると、今年初めて穂高を訪れた時に引き戻されるようです!
一度目の雨の穂高!いきなり、高山の厳しさの洗礼を受けましたが、その厳しさが、よりいっそう自分を山へと引き込んでいったように思います!
二度目、最高でした!一度目に天候の為にあきらめた、岳沢、重太郎新道、紀美子平、前穂高、奥穂高、涸沢、涸沢の紅葉~すべてが頭の中で思い描いていた最高な絵とリンクしていきました。
2回とも、本当に最高でした~色んな事を学なばせてもらった山行になり、子供の頃から登っている六甲が違った意味で今まで以上に好きに~ありがとう~ハチロウ
あと少し~最後まで気をつけて頑張ってください!再会を楽しみに!

g3163 URL 2010-10-26 Tue 22:35:59

宮田さま、g3163こと山田です。週末はお世話になりました。
日曜の朝は良い絵が撮れましたか。
偶然にも僕は隣で写真を撮っていました。
最近の機材は5DMkⅡなのですね。
以前、僕が、小屋の裏手、白出沢側で夕日の写真を撮っていると、
宮田さんが、あの、大きなHVカメラとやはり巨大な三脚を持ってきて、
隣で撮影をしていたことを、懐かしく思い出しました。
先日、9月にお邪魔した時には、夜、食事の後に、月夜の映像を見せていただきました。
ピアノソナタ月光とあの映像は身震いするほど素晴らしかったです。
その後、英雄さんは、「良かったでしょう。あの映像はNHKだって撮ることはできない。あれを撮れるのはうちだけだ。」とおっしゃっていて、なるほどと思いました。

そろそろ小屋閉めですね。
気をつけて下山してください。
今年一年お世話になり有難うございました。
また来シーズンお世話になります。

では。

松本の竹内 URL 2010-10-26 Tue 21:39:47

一年間、素晴らしい穂高の風景を拝見させていただき有難うございました。

UPされる写真には常念岳が写っていることが多く、夕暮れの常念岳を見ている我々には有難いことであります。

小屋締めが近いとのことですが、雪が来そうです初冠雪UP期待できますか????

もうひとつ、山の名前ですが「大天井」を何時から「オテンショウ」と呼ぶようになったのですかねー、私どもは
子供の頃より75年間「ダイテンジョウ」と呼んでおり変える気もありませんが。

 

snufkin_17 URL 2010-10-26 Tue 18:17:27

おおー、なんと!そうだったのですね。
わざわざご確認いただいてありがとうございました。
では今後はお互いに「ろっぴゃくさん」と呼びましょう!(笑)

下山もお気をつけて!

Hachiro URL 2010-10-26 Tue 12:16:45

snufkin_17 さま

さっそくのコメントありがとうございます。

> また山の勉強にもなりました。(「ろっぴゃくざん」と読んでいたのは「ろっぴゃくやま」が正しかったのですね。)

で、「六百山」の読み方ですが、ありゃ と思って上高地の方に確認したところ、
「ろっぴゃくさん」が一番多く、次が「ろっぴゃくざん」、「ろっぴゃくやま」とはほとんど言わない。
とのことでした。
すみませんです。いい加減に呼んでしまっていました。

ぼくの方こそ勉強になりました。

snufkin_17 URL 2010-10-26 Tue 11:34:41

ステキです!また穂高に登りたくなりました。
また山の勉強にもなりました。(「ろっぴゃくざん」と読んでいたのは「ろっぴゃくやま」が正しかったのですね。)
ありがとうございました。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 未分類 > 山のてっぺんから

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top