Home > 穂高 > 雪のちミゾレ

雪のちミゾレ

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-04-21 Thu 16:01:51
  • 穂高
今日は予報通り天気は崩れました。

午前中は視界も良く高曇りの空だったのが、昼前頃からみるみる雲に覆われ雪が舞い始めました。


160421 風雪
(2016/04/21 12:00 p.m. 奥穂岩峰)



それでふと思ったのが「今日が連休の中日でなくて良かったな」と。

朝に視界が利いていると「行動可能」との判断で動いてしまいがちです。
それで昼までに目的地に着けばよいのですが、もしも稜線でこの「ミゾレまじりの雪」(あるいは「ミゾレまじりの雨」)に遭うと最悪です。
どんな最高級の登山用ウェアを着ていたとしても、全身ズブ濡れになり、しかも強烈に冷やされて「低体温症」へ一直線となってしまいます。

僕たち小屋番は山のいろいろな天候下で作業をします。
もちろんそれはすぐに小屋へ逃げ込めるというのが前提での話なのですが、
その中でもこの春の雨雪は最もたちが悪く、たとえゴアのカッパを二枚重ねにしても、ものの2時間ほどでパンツまでびっしょりになってしまいます。
経験上、唯一対抗出来るウェアというと、漁師さんが着る完全防水のゴム引きカッパにゴム手袋しかありません。
(もちろんそれで長時間山を動くことなど出来ませんけれど)


実際、今頃の時期には過去に何件もこうした天候下での遭難がおきています。
しかもそれは初心者ではなくてむしろベテランの方に多いように思います。
厳冬期であればツェルトなどで耐えられる風雪も、今日のような雪と雨とのミックスでは対処のしようもないでしょう。


こうした悪天から身を守る術としては、ただただそうした状況下に身をおかないーつまり悪天が予想される時にはいち早く安全地帯に逃げておくことしかないように思います。






























Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 雪のちミゾレ

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top