Home > 穂高 > 冬至

冬至

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-12-23 Wed 06:33:41
  • 穂高

2_131224 涸沢岳より_K




なんなんだろう、どうにも身体に力の入らないこの感じは、
それでいて時折怒りとも悔しさともつかない感情に大きな声でわめき叫びたくもなってしまう、
どう悲しんでいいのかさえよくわからない……

きっとあの笑顔を知る者は、みんな今こんな気持ちでいるのかもしれません。






谷口けいちゃんが、逝ってしまった。









今年は、
10月に山荘のバイトであったヤツが北鎌尾根で転落死、
11月には今井健司くんがヒマラヤ・チャムラン北壁で行方不明と、
晩秋の頃からの思いもしなかった仲間や友人の死に対して、
それをどう自分の中で捉えればいいのか、思い、考え、煩悶し、
何というか、このひと月ほどぼくはずっと立ち止まってしまっていました。

小屋を閉めて山を下りて以降、
やりたかったことや、やらねばならないことが目の前に山積みであったのに、
時おり襲ってくる"虚無”ともいうような空しい想いに、どうにも身体に力が入らなかったのです。


そんな中、無性に誰かと言葉を交わしたくなり、その相手として浮かんだ中のひとりがけいちゃんでした。
今井くんの事故の当時はけいちゃんもネパールにいて、帰国後の彼女からの短いメールに「ぜんぜん納得できない」とありました。
だから、また近々話そうやと言っていたのに。


そりゃあ、ないやろう……     けいちゃん




山に関わる以上、人はいつ何どきどうなるかわからない、ということは常々思っているつもりです。

でも、あのいつも元気いっぱいで、まわりの人たちまで元気にしてくれて、生の躍動に溢れるオーラを出しまくっていた彼女は、そんな負のイメージからいちばん遠いところの存在でした。


もうこの世の彼女がいなくなってしまったということを、ぼくはどう受け止めればいいのかまだよくわかりません。
悲しみとも、悔しさとも、嘆きとも、怒りともつかない、やりきれないこの感情を、今はまだ言葉にもできません。
彼女の想い出を記すことも今はしたくない。
だって心はぎしぎしいっているのに、ぼくの目からはまだ一粒の涙も出てはこないのですから。

ただただ頭の中でぐるぐると「嘘やろ?」って、「なにしとるんよ」って……







昨日は冬至でした。

冬至というのは、その日を境に陽光の回復と生命の再生を願う日であるそうです。
しかし寒さはこれからが本番であり、春を迎えるにはまだまだ厳しい寒さをくぐり抜けねばなりません。


彼女を喪った悲しみも、ぼくには今が底であるとは思えない。

今はただ、これから訪れる寒さにじっと耐えるしかないのでしょう。


彼女の魂はなお、山へ向かい続けていると信じながら。













穂高をゆく谷口けい3
(2015/06/08 穂高をゆく谷口けい)























































































Comments: 4

海月 URL 2016-01-14 Thu 20:13:35

私たち日本人は、山行を修厳者の業としてとらえて来ました。

ヨーロッパは名誉あるスポーツとして貴族に広まったのとは少し異質と思います。

日本人の登山は8000m14座登頂より、如何に自分の目標とする壁や山を克服することを楽しむ気風がある様な気がします。

豊かな山群を駆け回る事が出来る日本人に生まれよかったと思います。

高みを目指す事に比例して危険度も高くなり、悲しい死を周りの人は直面しなければなりません。
でも、たとえ自分がその死に直面することが有るとしても、山の魅力は自分を引き付けるのです。
レベルの差は有るとしても、「好きだからしょうがない」のです。

克子 URL 2015-12-29 Tue 08:41:41

同じ景色の中で刻々と変化する感動を、いつもあなたは私たちに伝えてくれています。
でも、
「山はただ、そこに在るだけ。」

と、おっしゃっているじゃあ、ありませんか。



人が生き、逝き、私たちは一喜一憂する。
でも、
「命は、そこに在る。」

場所を変え、時を変え、私たちに”想い”を抱かせてくれているじゃあ、ありませんか。


いつか、”答え合わせ”
出来ますよ。
笑顔で、ね。

Hachiro URL 2015-12-26 Sat 22:21:06

克子 さま

いつもコメントありがとうございます。

お言葉にとても感謝いたします。

おろかな自分がこちら側にいて、あんなにいい人が、優れた人が、あちら側にいることに、やりきれない違和感が消えません。
ただ、ぼくがこちら側にいる……いさせてもらっていることの意味を、今は佇んで考えています。


あちら側とこちら側の違い、そんなもんあんのかな?

生きてることって、死ぬこととちゃうんかと。


……よくわかりませんけれど


克子 URL 2015-12-24 Thu 17:52:55

逝った方も、皆様の事を思っておられる事でしょう。

心より、お悔やみ申し上げます。
時に助けられて、ゆっくりと回復なされますように。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 冬至

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top