Home > 穂高 > 雪炎

雪炎

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-11-03 Tue 13:19:13
  • 穂高
昼前頃に急に雲が切れ始め、慌てて外へ出てみると、奥穂岩峰から凄まじい雪煙があがっていました。


151103 岩峰雪煙_3
(2015/11/03 11:00am)



少しずつ山が原始の姿へと戻っていきます。

こうして毎冬ごとに人を寄せ付けない存在となることで、穂高はその崇高な美しさを持ち続けているのかも知れません。



さて、今シーズンも「ぼちいこ」をご覧下さってありがとうございました。

穂高岳山荘の営業は明日をもって(宿泊は今夜まで)終了となります。
明後日スタッフは山を降りますが、明日は小屋閉め作業が忙しくブログは更新できないかもしれません。
となると、これが現地からの今年最後の記事となります。

いろいろと記したい言葉もあるのですが、これから打ち上げの前々夜祭として酒を飲まねばならず、申し訳ありませんが悪しからずです。



ともかく、

今年小屋へ訪れてくださった方、
素敵な笑顔で穂高に感動してくださった方、
「ぼちいこ、見てますよ!」と声をかけて下さった方、
穂高へは足は運べずとも、穂高を想って下さった方、
ハチプロのDVDを買って下さった方、

今シーズンを共に働いたスタッフたち、
ヘリ荷揚げに尽力してくださった関係者のみな様、
忙しい時期に奮闘してくれたバイトたち、
お世話になった涸沢、北穂、岳沢の各小屋のみなさん、
いつもナイスな荷揚げをして下さった東邦航空のみなさん、
レスキュー現場を共にした仲間たち、
蔭でずっと山の安全を守ってくれた涸沢常駐隊諸氏、
長野県警山岳救助隊のみなさん、
岐阜県警山岳警備隊のみなさん、
楽しい話の相手や酒の相手をしてくださった仲間たち、


……ここに記しきれない方々、



ともすればくじけそうになるぼくを支えてくれた家族のみんな、
いつも心の癒しとなってくれていた老愛犬のじゃん、


そして今年も厳しくも美しかった穂高へ、




本当に、ありがとうございました。



楽しいことも辛いことも、
嬉しいことも哀しいことも、
頑張れたことも情けなかったことも、
今シーズンもほんまにいろいろあったけれど、


今年もこうして穂高で過ごさせていただけたことを、心から感謝しております。





ありがとう。







151103 紅いジャン
(2015/11/03 5:05pm 奥穂高岳山頂より「ジャンダルム雪炎」)


























































Comments: 3

橋場友彦 URL 2015-11-12 Thu 22:38:03

今年もお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

本当にみなさまのお陰様で我々は山に入り、我々なりの色々な想いを抱いて下界へ下りることができるわけです。

ハチさんの映像と串田さんの言葉は、下界であくせくと蠢く我々を癒し、励まし、勇気づけてくれます。

来年もまた穂高に参ります。どうぞこれからもご無事で、お元気でいて下さいませ。

頂上のラッパ吹きより

Hachiro URL 2015-11-05 Thu 23:54:09

克子さま

いつもガッツの湧くコメントありがとうございます。
今宵は気合を入れて飲ませていただきます。

見ていてくれている人がいるのいうのは、とても心強いです。

ありがとう。



克子 URL 2015-11-04 Wed 09:16:08

お疲れ様でしたー。
想い溢れる”ぼちいこ”で、今年も一年たぐつかせていただきました。
ありがとう、ありがとうです。
いっぱい飲んで、ご苦労振りして下さいね。

また冬の紀行も楽しみにしています。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 雪炎

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top