Home > 穂高 > 巣立ち

巣立ち

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-03-29 Sun 20:47:41
  • 穂高
桜の便りがあちこちから聞こえてきて東京はもう満開、高校野球のセンバツも佳境、そしてプロ野球も開幕と、まさに春たけなわな今日この頃。

だというのに先日は性懲りもなくまだこんなコトをしていました。

150327 中千丈沢_Z_1472のコピー
(2014/03/27 上高地・中千丈沢「Z(ゼット)」)


これで今冬はほぼ毎週アイスクライミングをしたことになります。
(ある人曰く「はっちゃんのは『クライミング』っていうより『土木工事』って感じだねぇ〜」とか…)
もちろん氷登りは個人的な遊びではあるのですが、こうして常日頃からハーネスをつけてロープを触っておくことは小屋番としての仕事にちょっとは役立つんちゃうかな〜 なんて、
ま、そんな都合のいい言い訳はともかく、こうして体力維持に努めていないとイザというとき動けんしなぁとは思っていたのデス。
かれこれ半世紀も生きてくると身体のあちこちの劣化は避けられず、少しでもその衰えを食い止めようとのささやかな抵抗ってところでしょうか。



さて、このブログは主に穂高や登山についてのもので、あまり個人的なことは書かないようにしてきたのですが今日はちょっと記したいことが、、、


ぼくには4人の娘がおります。
その末娘が明日わが家から大学進学のために巣立ちます。

思えば25年前に所帯を持って飛騨神岡に居を構え、
なぜか知らんうちにいつの間にか家族は6人と犬一匹になっておりました。
一年の半分以上を穂高の小屋番として家を空け、
冬は冬で好き放題やっていた(ん? 過去形か!?)ぼくは家庭人としてはまったくの極道モンなわけですが、
その4人の子育てをうちの嫁はんはほんとうに見事にやってのけてくれました。
まぁ言ってみれば「わが家の暮らし」という岩壁は、嫁はんがその全ピッチをリードし、ぼくは上から垂れたロープにしがみついて登ったに過ぎへんなぁ と。

やがて飛騨の地から大学へ進学となると子どもは当然家を出ることになります。
長女、次女は大学、三女は専門学校へと、ひとりまたひとりとわが家から巣立ってゆきました。
そして明日とうとう末の娘も巣立ちを迎えます。
思えば必死で夢中で過ぎた25年でした。

んで、今朝のランニングの時ちょっと思うところがあって、
河島英五の「野風僧」、松山千春「旅立ち」、BEGIN「この街はなれて」、森山直太朗「さくら」、井上陽水「決められたリズム」、さだまさし「娘へ」「親父の一番長い日」…とか聴きながら走ったんです。
そしたらなんか途中で突然に涙が溢れ出してしまって…
どうにも止まらない涙とずるずるの鼻水でぐちゃぐちゃになったアラフィフのはげのおっさんがハアハアゼイゼイ走っとる図、
なんていうのはかなり凄惨でヤバい感じであったに違いありません。
幸い早朝で目撃者もほとんどいなかったはずなのですが、もしも気持ち悪い思いをさせてしまった方がおられましたら申し訳なかったなあと。




131123 蝶ヶ岳_5


思えばこの山のように仲睦まじい四姉妹たれと願ったものでした。

もともとぼくも嫁はんも、自立するのに経済的な後ろ盾はありませんでした。
その中でふたりで家族を始めてやってきていたので、
「子ども達が巣立ったら、宮田サン家は『解散!』でええやん?」とうそぶいてもいました。
でも今はまだもう少し「帰って来れる場所」を守っとってやろうかとも思っています。

なので今しばらくは穂高でがんばらせてもらおうかと。


思えばぼくは、仕事も、嫁はんも、家庭も、仲間も、生きがいも…  つまりは自分の人生そのものを穂高から与えられてきました。

それはひとえに今田英雄さん敏子さん夫妻のご加護によるものだったし、かけがえのない仲間たちや友人たちに支えていただいたからにほかなりません。

今ほんとうにつくづくと抱く想いは「感謝」です。

なので何か穂高への恩返しは出来ないもんかと願うのです。


今年シーズン、たぶんきっと誰も気づきはしないかもしれないけれど、
ザイテングラードをほんの少し安全に歩けるように、
白出沢の石の道をもう少し歩きやすいように、
北穂へのクサリの支点のいくつかを強固なものに、
奥穂への浮き石を出来るだけ落としたい、
吊尾根のマーキングをもっと明瞭に…


そうして考えてると思い至るのは、(涸沢)ヒュッテや(涸沢)小屋や北穂や岳沢の小屋番たち皆が、あるいは涸沢の常駐隊のみんなや岐阜・長野の両県警の隊員が、それぞれに人知れず穂高を支えてるんやということ。
それぞれがそれぞれの役割を担ってる。

…なんや、それってつまりはオレらが生きてるこの世の中そのもんやん。

毎朝新聞を届けてくれる人、
美味しいパンを焼いてくれる人、
汚れた歩道をきれいにしてくれる人、
ぎょうさんのもんを毎日コンビニに届けてくれる人、
心地よい音楽をラジオで届けてくれる人、
パソコンがもっと快適になるよう開発に勤しむ人、
美味い酒をつくってくれる人、
雪に負けない家を建てる人、
どうしよもない歯の痛みをなんとかしてくれる人、
泣きわめいてる子どもの面倒を見てくれる人、
おいしい野菜を作ろうと雪解けの土を耕す人、
花見の後のゴミを片づける人、
毎朝決まった時間に電車を走らせる人、
犬のうんこをゴミ袋にひろう人、
アマゾンの荷物を玄関まで届けてくれる人、
明日の試合に勝とうとデータを分析する人、
原稿を何とかしようと徹夜する人、
信じるもののために銃を持つ人、
………

そんなささやかな名もない人々の営みでこの世は支えられているわけで、
決してエラそうなことをいうだけの誰かのおかげではない。

いつの間にか社会人となった上3人の娘たちは、
それぞれにしんどいこともあろうけれど、街で懸命に生きてくれています。
その姿にぼくの方が励まされることも増えました。


よぉーし! 
今年もがんばるぞぉぉぉ 
と、杯をかたむけながらひとり気合をいれる春の夜なわけです。

なんか何書いてるのかわけわからんようになってきた


このブログを記すのに自分に課したいくつかがあって、
「プライベートは書かない」「酒飲んでは書かない」というのがあるのですが…

あらら。

今宵はそのどちらも反古にしてしまったようで……












































Comments: 10

Hachiro URL 2015-04-06 Mon 05:32:16

Masako さん

メッセージありがとう!
いっやぁ〜  「30年ぶり」とかってなんかウソみたいや〜
そっかぁ、ご家族と神戸で元気にしとんねや!
どんなお母さんになっとんやろか? (なんか想像出来てしまうケド)
また摩耶山行くし神戸も行くんでお会い出来たら嬉しいです!

森の熊五郎 URL 2015-04-03 Fri 09:27:05

8ちゃん、これからしばらくは小屋暮らし そして下界に下りれば夫婦2人暮らし、しばらくすれば孫ができ
また、大家族になり新しい楽しみもでてきますよ。 兵子の裏方としての頑張り、8ちゃんのダンプのような
動き、英雄さん・敏子さんの応援と色々あり良い人生だと思いますよ。
そして、一段落すれば穂高小屋OB会に夫婦で会員として参加。皆で歓迎しますよ。

Masako URL 2015-04-03 Fri 09:21:11

宮田くん。高校女バスの雅子です。ご無沙汰してます。
先日の摩耶山でのイベントにはどうしても行けなくてほんとに残念でした。
でもこのブログの記事を読ませてもらって宮田くんの25年を
ほんのちょっと垣間見せてもらってうれしくなり、ここにコメントいれさせてもらってます。
アラフィフとか全然実感ないけど(笑)人の親になれたことは何よりの感謝です。
私にもこの春高3の娘と高等特別支援学校1年になる息子がいます。
2人の子供と大工の主人と4人で神戸、それも高校の近くに住んでいます。
高校の思い出は体育館と体育のイベントしかありませんが、まさか高校の近くに
住むようになるとは思ってもいませんでした。
今度神戸に帰ってくる時、会えたら嬉しいです。

Hachiro URL 2015-04-03 Fri 05:18:15

みなさまのあたたかいコメントが心にしみました。
ありがとうございます。

酔っぱらいの戯言をこうしてあたたかく受け取っていただいたことを深く感謝いたします。
とても勇気づけられました。

慌ただしく引越しを済ませた末娘もどうやら無事に新生活をスタートさせることが出来たようです。
子ども達のいないわが家の大きすぎる空間には戸惑うばかりですが、その寂しさもまたよしやないかとも。
親の醍醐味や! と強がります。

さて4月!
子ども達のがんばりに負けてはいられないですね ‼︎








あめやん URL 2015-03-30 Mon 23:48:57

はちさん、がんばれー!
このブログ読んで、グッときました。
父ですねえ・・・
少し前になりますが、摩耶山でのお話とても楽しかったです。
先日、八つでH谷ガイドとお会いした時にその話したら「摩耶山いきたいなあー!」って。
次回のストーブトークは、お二人でwww
穂高ばんざーい!

sasada URL 2015-03-30 Mon 19:39:08

 いつもブログを楽しみしています。
白出沢で若い子と石を積みあげている姿を思い出しながら読ませていただきました。
これからも穂高を宜しくお願いします。また、子女の進学、おめでとうございます。
今年も穂高へ行きます。

まさひろ URL 2015-03-30 Mon 11:28:12

こんにちは。
おめでとうございます。

いつもはイチ登山者として、今日は娘を持つ父親としてこちらのブログを読まさせてもらいました。
娘はまだまだ独立は先ですが、将来を思い感慨深くなってしまいました。
家族って良いですよね。その家族の為にも、家に帰るまでが登山と言うことを肝に命じます。

良記事、ありがとうございました。

hiddy URL 2015-03-30 Mon 10:55:20

いつも素晴らしい写真毎回感動しながら拝見しております。
お子様の旅立ちおめでとうございます。

私も親になり、このようなお話は感慨深いところです。
これからも頑張ってください!

克子 URL 2015-03-30 Mon 10:19:02

たまには、いいですよ。
”人生の酒飲み”、も。

ひとまず、お疲れ様。
そしてまたやって来る人生に、ふぁいとおおおお!

皆々様。

あっちゃん URL 2015-03-30 Mon 08:24:48

はじめまして
同年代の親父です、先日娘が独立しましたです
ほっと一息つく暇もなく、息子が難病になりましたです
時間が止まった様でしたです、そんなときラジオから中島みゆきの 時代 が流れて来ました、涙が止まらず鼻水止まらずこまりました…
山、また、行きますできれば息子と…

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 巣立ち

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top