Home > 穂高 > 立冬

立冬

  • Posted by: Hachiro
  • 2014-11-08 Sat 09:21:05
  • 穂高
昨日は立冬。

暦の上ではもう冬となってしまいましたが、山から下りたばかりの身にはまだまだ秋を堪能したいものです。
なので家の奥深くまで差し込む陽ざしにヌクヌクと、昨日の午前中は読書を決め込みました。


すると山本周五郎の「晩秋」という短編にちょうど出会し、こんな一文を見つけました。

「花を咲かせた草も、実を結んだ樹々も枯れて、一年の営みを終えた幹や枝は裸になり、ひっそりとながい冬の眠りにはいろうとしている。自然の移り変りのなかでも、晩秋という季節のしずかな美しさはかくべつだな」




午後になって思い立って赴いた上高地では、そんな文章そのままの光景がありました。



141107 上高地にて
(2014/11/07  2:40pm 上高地にて)



































Comments: 2

橋場友彦 URL 2014-11-12 Wed 23:31:29

哀しくなるほど美しい、寂寥を感じずにはいられない景色です。

なっちゃんママ URL 2014-11-08 Sat 21:02:07

八郎さん、今年の小屋番、お疲れさまでした。
今年の夏は娘にとって初めての穂高でした。それは同時に私にとっても“家族と登る”初めての穂高でした。
台風による停滞で、改めて“自然の中で生かされている”ことを考えさせられました。下界で自分の本業に戻った時“自分には何ができるのか”を追求し続けていかなければならないと思いました。
喜怒哀楽の人生の縮図が、山にはあるのだと思います。
「生きるために登る」
素晴らしい言葉です。
泣きながらも歩みを止めなかった娘の姿を胸に、八郎さんと穂高に深く感謝申し上げます。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 立冬

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top