Home > 穂高 > 大雨のち雲海

大雨のち雲海

  • Posted by: Hachiro
  • 2014-08-26 Tue 20:54:12
  • 穂高
今日はシャワーを浴びるがごとしの雨の中を涸沢から入山しました。

横尾からの道中に追い越させてもらったいくつかの団体は、
本当は今日、穂高岳山荘泊の予定だったようなのですが、
あまりの雨脚にどのツアーも急遽涸沢での宿泊に変更されたようです。



まぁあの降りでは「致し方なし」ではあるのですが、
皮肉にも稜線では夕方から雲が切れ始め、
それはそれは見事な大雲海が広がりました。




140826 雲海
(2014/08/26  5:40pm 涸沢岳稜線より)







せっかくあの雨の中をがんばって歩いておられた方々に、なんとかこの光景を見ていただきたかったなぁ





































Comments: 4

Hachiro URL 2014-08-30 Sat 16:00:09

橋場 さま

DVDをお買い上げくださったうえにコメントまでいただいてありがとうございました。
そうでしたか… いつもいつも稜線の方がよい景色になるとも限らないのですが、またぜひ穂高へいらしてください!

橋場友彦 URL 2014-08-29 Fri 07:02:05

涸沢から雲の失せて行く夕方の連峰を仰ぎ見て、後3時間早かったら…と悔しがっていました。こんなに素晴らしい光景だったのですね。ありがとうございます。
DVDにサインもありがとうございました。これから拝見します。

Hachiro URL 2014-08-27 Wed 16:15:45

のっそり 様
コメントありがとうございます。
ほんとうに8月はほとんど晴れなくて、梅雨前線がいつの間にやら秋雨前線になってしまいましたね。
おまけに長期予報では9月も雨が多いとか云ってるし…
昨日はこの雲海の後星空が広がっていたのに、今朝はもうガスに覆われて昼過ぎからは雨となってしまいました。
広島をはじめとする各地の土砂災害も酷いですし、天気ひとつで私たちがここまで翻弄されてしまうことを思うと、やはり自然の圧倒的な力を感じずにはいられません。
私たち人間に出来ることは、ただただその自然にひれ伏して、相手の機嫌が良いときにその懐へ入らせてもらうということでしょうか。

のっそり URL 2014-08-26 Tue 23:10:52

雲海が素晴らしいですね!
しかし、秋雨前線の停滞がここまで頑張るとは予想していませんでした。
8月1日から奥穂高岳の登山をしようと穂高岳の天気予報を睨めっこしている間に時間が過ぎて、いつの間にか秋が来るとは(泣)

岐阜の美濃地方に住んでいるのですが、地元産の新米のあきたこまちが出回り始めて、下界にも秋が来たと思います。
10月には澄み渡る青空が奥穂高岳の上に広がることを願います。さすがに10月は秋晴れの日が続いてほしいですね!

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 大雨のち雲海

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top