Home > 穂高 > 夏の日々… 暑中お見舞い

夏の日々… 暑中お見舞い

  • Posted by: Hachiro
  • 2014-08-05 Tue 14:58:08
  • 穂高
瞬く間に8月も数日が過ぎました。


140802 イワツメクサ
(2014/08/01 涸沢岳にて「イワツメクサ」)



連日お客さんは多いし、
登山道補修はあちこちあるし、
洗っても洗っても食器洗いは終わらないし、
レスキューはあるし、
酒も飲まなあかんし、

毎日ブログネタはあれども、なかなか記す時間がありませんでした。


ですが今日は雨の一日でちょっと骨休め。
いくつかの記事をまとめてお届けさせていただきます。




先ずは登山道状況の最新を…


結論から記しますと、穂高の一般登山道でアイゼン・ピッケルが必要なのは白出沢のみになりました。
稜線に関しては雪を踏む箇所はもうありません。

残雪の豊富な涸沢でもルートを選べばほとんど雪渓を通過せずに登り降り出来ます。

140804 涸沢残雪_1
(2014/08/04 涸沢にて)

これは涸沢小屋上部の雪渓で、まだ20mほどありますがアイゼンは不要でしょう。
(涸沢ヒュッテからのパノラマコースはまだ長いトラバースがありますので軽アイゼン程度はあった方が良いです)


140804 涸沢残雪_2
(2014/08/04 ザイテン取付にて)


シーズン当初は雪切りをしてフィックスロープを張っていたザイテングラートの取り付きも、ご覧のとおりルート上の雪は消えました。


140726 白出沢
(2014/07/26 白出沢にて)

これは10日ほど前の白出沢ですが、今はこれよりかなり雪渓は短くなっているものの、まだ脇を巻くことは困難とのこと。
なのでこのルートだけは10本爪以上のアイゼンが必要です。



あとは、例えば西穂高〜奥穂高間のエスケープルートである天狗沢ですが、ここも残雪はあるものの脇を巻いて下れます。
ただコルの直下しばらくはかなり道が荒れていて、下りるのは下りれますが快適な下降路とは云い難い状況。
(昨日レスキューで下降しました。)


前穂東壁や北尾根、あるいは滝谷などバリエーションではルンゼにまだ雪渓があるかと思います。
でも一般ルートに関して云えば、これから初冠雪を迎えるまでの約2ヶ月間が穂高ではビギナー向けのシーズンということになるかと思います。


ただし穂高は「落ちたら死ぬ」ところがいっぱいあります。


私は昨日、レスキュー現場へ向う途中の濡れた岩場で小スリップして肝を冷やしました。
重々気合いは入れていたつもりでしたが、無線傍受に気を取られた一瞬でした。

人間のやることに「絶対」はない ー山に関わっているとそのことを思い知らされます。





さて、本来ならば夏の太平洋高気圧が張り出していちばん天候が安定する頃であるのに、台風くずれの低気圧が悪さをしてここ数日は悪天が続いています。
台風は決して歓迎するものではないのですが、台風がからむと往々にしてドラマティックな雲が現れるもの。

今月3日の朝焼けは見事でした。


140803 朝焼け
(2014/08/03  4:50am)



こちらはその動画

The morning glow from Hachi Production on Vimeo.






厳しく過酷で、時として悲劇の舞台ともなってしまう山は、それでもこんなに美しい。



そんな姿を追い求めてきた中で、先日ある映像作品が完成いたしました。

アシストしてくれた方々へのご挨拶を添えて記させていただきます。





暑中お見舞い申し上げます

酷暑の候、みな様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

さてこの度「穂高をゆく ハチプロダクション短編集 第2集」という映像作品が完成いたしました。
本作制作に関してはみな様方には大変なご協力をいただき誠にありがとうございました。
ここに感謝の気持ちを込めてお届けさせていただきます。

昨年の第1集に続いての制作となったわけですが、前作が思うようには売れず厳しい予算の中での難産の末に完成にこぎ着けました。

自分にたいした才能や映像のセンスがないことは常日頃思い知るところではあるのですが、心の片方ではこうして愛する穂高を映像で描くのは私の使命であるとも勝手に思い込んでおります。
それゆえ困難な途ではあっても、まだその歩みを止めるわけにはまいりません。

つきましては次回作のためにも、どうか周囲の友人・知人のみな様へ本作品を勧めてくださり、一部でも多くの販売にご協力願えればとお願いする次第です。

みな様の援護射撃を、どうかよろしくお願いいたします。


暑さ厳しき折、みな様にはくれぐれもご自愛くださいませ。


2014年  盛夏      
                            ハチプロダクション 宮田八郎 拝





穂高をゆく 第2集 予告編 from Hachi Production on Vimeo.





つたない映像ではあっても、かけた時間と、かたむけた情熱と、そそぎこんだ愛情にかけては、人後に落ちないつもりです。



どうかひとりでも多くの方に観ていただければ嬉しいです。























Comments: 2

Hachiro URL 2014-08-07 Thu 21:14:00

いつも、ありがとうございます。

たくさんの人に支えられて、こうして映像を作ることが出来ると感謝しております。


とても僭越ではありますが、
英雄さん、神さんをはじめ、
あの日、あの時、あの時代を、穂高小屋で過してこられた方々の、
熱き想いを、少しは背負わせていただいているつもりでおります。


ふと気がつけば、もう自分の子供ほどの歳のアルバイトたちが小屋へ来てくれるようになりました。


でも、まだおれに出来ることもあるかなと思いつつ穂高におります。


ぼちぼち、がんばります。

森の熊五郎 URL 2014-08-05 Tue 18:07:32

第2集見ましたよ。だけど、よく頑張るね。くれぐれも事故には気をつけてこれからも良い撮影を続けて
ください。応援しています。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 夏の日々… 暑中お見舞い

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top