Home > 穂高 > 雲をぬけて

雲をぬけて

  • Posted by: Hachiro
  • 2013-10-27 Sun 13:04:09
  • 穂高
所用で下界へおりていましたが、昨日白出沢より入山。



131026 霧の森
(2013/10/26 10:30am 白出の森)




“朝のうちは雨が残るも昼頃から回復“との天気予報だったので、ゆっくりと昼前にスタート。

でも、ずっとしとしとと冷たい雨が降っていて「こりゃあ、上は雪かもしれん…」と思い、小屋へ連絡してみたところ「山は晴れてマス」とのこと。


…そっかぁ、 雲海なんや。




そういえば新人の頃、ボッカで登らねばならないときに下は雨が降っていて、
「やたっ! 休みや休み!!」と思っていたら、
「上は雲海デス。サッサト登ッテコイ」と無情な指令が幾度かあったよなぁ などと思い出しました。




危険地帯のゴルジュから鉱石沢あたりは足を止めずに一気に通過し、「荷継ぎ(小屋跡)」でひと休み。
真っ白けの濃霧で霧雨の中、白出本沢に入ってガラ場の道を淡々と高度を上げてゆきます。

急登で知られる白出沢登山道ですが、私には通い慣れた道であり、謂わば「通勤路」、
もう幾度くらい歩いたでしょうか…(きっと百回は超えているはず)


あれこれと昔のことなど思い出しながら歩いていると、急に周囲が明るくなりはじめ、そしていつの間にか雲の上へと抜け出ていました。

なんだかおとぎの国へのトンネルを抜けたかのよう。


131026 白出沢
(2013/10/26 3:30pm 白出沢にて)




日没に近づくにつれて雲海は高度を上げはじめ、やがて雲と追いかけっこをするように岩の道にトコトコ足を運びます。








そしてたどり着いた小屋裏からは、寒風吹く中、ジャンダルムが雲に浮かんで幻想的な夕景が広がっておりました。



131026 ガス湧くジャン
(2013/10/26  4:50pm  小屋裏から望むジャンダルムと夕陽)

























































Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 雲をぬけて

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top