Home > 穂高 > 白出沢

白出沢

  • Posted by: Hachiro
  • 2013-05-09 Thu 17:12:28
  • 穂高
昨日、白出沢(しらだしさわ)で死亡事故があった。

いろいろな意味でとてもショックである。


120424
(2012/04/24  白出沢俯瞰)



お亡くなりになったのは地元の飛騨高山で病院を営む医師の方であり、
この方は山の経験、実績、実力ともに十分お持ちのエキスパートであったと伺っている。


昨日の穂高は快晴ではあったがとんでもない強風が朝から吹き荒れていた。
しかもその風向きは通常とは逆の東からであった。

特に小屋の東側(涸沢側)では立っていられないような嵐風が吹き、午前中は屋外での作業をあきらめざるを得なかった。

事故の原因は落石による滑落とのことだが、この強風が何らかの影響を及ぼしたのかもしれない。
そしてここ数日は気温も上昇傾向で、ガチガチに固まっていた山が少しゆるみ始めてもいた。

しかしそのような山の状況は「今から考えれば」というものであって、
事故当日の昨日はこの上ない晴天でもあったのだ。
それも春のこの時期にしては珍しくどこまでも見渡せるほどに澄んだ青空の…

前日の7日には山荘関係者が白出沢を下山しているし、
仮に事故当日の昨日に私が下界から入山予定であったとすれば、おそらく何のためらいもなく白出沢を登路にしていたと思う。
そして稜線の強風を行動中に察知出来たとも思えない。

つまりその日に存在していたであろう山のリスクに対して、
現地を知りつくした者であっても、それを避けることは難しかったと感じる。

白出沢は我々穂高小屋の人間にとっては云わば通勤路みたいなルートである。
古くはボッカ道として小屋の生命線であったし、現在でも下界と小屋とを最短時間(&距離)で結んでいる。

しかし残雪期には落石のリスクが高いルートであることも確かで、
私が新人の頃、入山途中に谷を向いて休もうとしたところ先輩に「そんな休み方したらラク(落石)が飛んできてもわからんやないかっ!」とたしなめられた事を覚えている。

穂高岳山荘90年の歴史の中で、白出沢で従業員が落石事故に遭ったというのを聞いたことがないのだが、
それは単に今まで運が良かっただけなのかもしれない。


近々下山を予定しているが、今のコンディションではヘルメットを着用して涸沢へ降りるしかない。




今春の大型連休には穂高で死亡事故が起きなかったことに胸をなでおろしていた。
なのでこの訃報は残念でならないし、
事故現場が我々の親しむ白出沢であり、
状況からして我々が事故の当事者となっていても何らおかしくもなかった訳で、
二重三重の意味で悲しい出来事である。





お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りさせていただきます。






























Comments: 3

海月 URL 2013-05-24 Fri 17:19:35

山スキーの愛好者としては、大変残念な事故です。また亡くなった方のご家族に哀悼の意を表します。
私も志賀の横手からジャイアントへの林間スキーを小学生から初め、社会人から山スキーを初め56歳となりました。他人事とは思えません。
スキー中に転倒して何回も肋骨を折り、転落して頭を切り、今生きているのは幸運としか思いません。
でも本当に止めたいとは一度も思いませんでした。剣岳・平蔵谷や宝剣岳直下等危険と隣り合わせの場所では何事も有りませんでしたが、慣れた乗鞍や立山で怪我をしていて、安心感が気の緩みを生んで怪我をした様な気がします。
落石・雪崩は場所によっては不可避ですが、亡くなった方の経験から考えると「不慮の事故」の可能性が高いと思われます。
昔、好日山荘の実録映画でボアバンがロープ無しでマッターホルン北壁をスキーで滑走(?)したのを見ましたが、人間技とは思われず、人それぞれの危険感性があり、自分の実力に合った山スキーを心掛けたいと思います。

操  潤 URL 2013-05-14 Tue 15:59:48

同じ山スキー仲間の一人です。事故を起こし周囲の方々には迷惑をおかけしたかもしれませんがお許しください。県警山岳救助隊の方に、ヘリでピックアップしていただき、すぐに彼は家族のもとへ帰れ感謝に堪えません。警備隊のみなまさ・関係者の皆様には何卒、よろしくお伝えください。お世話になりました。事故の報告は山スキーメーリングリスト仲間のHP上で報告させていただきました。
事故の概要についてはここに掲載されています。
http://w2222.nsk.ne.jp/~turu/

これからも、事故を減らすべく我々残されたものが、教訓として彼の死を無駄にしないように、生きてゆく所存です。
突然の書き込みをお許しください。
岐阜市   操    潤(みさお  じゅん)

URL 2013-05-10 Fri 10:27:11

傾向的には悪天よりも好天時に事故は多いようです。リスクの最難関は、いつ起こるかもしれない不測のハプニング的事象による遭難事故でしょう。
本当に予測不能なときにおきる雪崩以外は大方はある程度回避できるリスクばかりです。純粋のロシアンルーレット的リスクの場合、あえて突っ込むのは無謀というものです。

もともと白馬では杓子からの落石崩壊が頻発していました。その意味で、自分ならば登りは極力避けるとの認識でしたのですが。ザイテンの場合も、涸沢からザイテンに取り付くまでの間に表層に襲われれば逃げ道がありません。それを見越してどこでGOするのか、悩ましい連休でした。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 白出沢

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top