Home > 穂高 > 夜間救助2

夜間救助2

  • Posted by: Hachiro
  • 2012-05-08 Tue 17:56:22
  • 穂高

前回の記事には驚くほど多くのコメントをいただいた。


そのほとんどが激励や応援そして労いのお言葉であった。
おひとりおひとりにご返信をすることが出来ないけれど、ほんとうに勇気づけられた。
この場をかりてこころより御礼申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。


また必ずしもこのような内容の記事に対して快く思われなかった方もおられたようですが、
そのことも真摯にうけとめ、今後とも山の住人としてのメッセージをお伝えしていきたいと思います。





と、実は上の文章を一昨日の夕刻に記してブログにアップしようとしていたところ、
まさにそのタイミングでまたもや救助要請が入ってしまった。



こんどは奥穂高稜線である。

出動午後4時10分、風雪、視界悪し、気温-5℃。


要救助者は3名+1名だったのだが、奥穂山頂直下で発見遭遇出来たのは内2名。
ひとりはなんとか自力歩行ができたが、もう1名は衰弱が激しく背負い搬送となった。




山荘上の雪壁で夕闇となり、またしてもの夜間救助である。


0506001



0506002
(2012/05/06  上記2枚=長野県警山岳救助隊 岡田副隊長撮影)





この日は岐阜県警の穂高常駐が午前中に下山してしまっていたので山荘スタッフ4名で事にあたっていた。
そこへありがたいことに涸沢から長野県警山岳救助隊が2名サポートへ駆けつけてくれた。
「駆けつける」といっても涸沢から通常2時間はかかる道程を、ましてこの日は新雪のラッセルの中をである。
彼らとは訓練の後の酒盛りで共にバカ騒ぎをした間柄なのだが、その知った顔が現場へ登場してくれるのはなんとも頼もしかった。





そして山荘へ収容できた要救助者の方は、スタッフ達の懸命の蘇生措置(といってもドクターはいないので、ひとつひとつが手探りの徹夜対応)でなんとか深夜に意識を取り戻し、翌早朝に岐阜県警ヘリにて病院へと搬送された。



0507-1
(2012/05/07  5:20am)


この日は風速が20mほどもあり、ヘリが3000mの高所に降りるにはかなり困難な状況だったと思う。
祈るような思いでヘリを待つ我々の元へ、強風のなかジリジリと高度を下げ、やがて見事着陸したヘリのパイロットの表情には気合いと使命感が満ちていた。
(さすがや!  ありがとう!!)


0507_2
(2012/05/07  5:25am)


こうして要救助者を乗せて病院へと向かってくれるヘリの後ろ姿には、なんだかいつも胸が熱くなる。







でもそうして、無事にふたりを救えた喜びもつかの間、
その直後には、奥穂高山頂直下の「間違い尾根」で発見された2名の遺体収容作業へと向かった。



現場が急な雪壁の微妙な場所であったため、作業は正午近くまでかかってしまったが、
なんとかこの日の内に亡骸を下界へと下ろすことはできた。


ジャンダルム飛騨尾根を登攀してきた彼等の装備はキチンとしたものだったし、
アクシデントの後、なんとか風雪をやり過ごそうと最後まで戦ったであろうことが感じとれた。
おそらく、その瞬間にほんのわずかでも視界が利けば、あるいは命を落とすことはなかったのではないかと思うと何ともやりきれない。




怒濤のように生と死が交錯した4日間にあって、僕たちはただただ眼前の出来事に力を尽くすことしかなかった。
その中で3名の命が失われてしまった。
今、自分の中に澱のようにある疲れのようなものは、なにも体力的なものだけではないと思う。







一昨日の夜、収容作業を終えて小屋へ入る直前のこと、
突然に雲が切れて「スーパームーン」が照らす山々が姿を現した。

見慣れたはずの穂高なのに、そのときの山は壮絶なまでの美しさだった。




あの時、間違い尾根にいたふたりは、あの光景を目に出来ただろうか…








































Comments: 20

hiroe URL 2012-05-25 Fri 21:19:17

ズシリときました。敬礼。

人気サイトランキング URL 2012-05-20 Sun 15:22:39

はじめまして。
『人気サイトランキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。

YOKU URL 2012-05-13 Sun 19:24:08

9日に宿泊させていただいた者です。これだけの遭難事故が続いていても、変わらぬ最高のホスピタリティにもの凄く感激しております。

穂高の稜線で働き闘う皆様に、ただただ感謝の一言です。

心より安全祈願!!!!

白米まい URL 2012-05-12 Sat 23:29:00

北アルプスにいつか登ってみたいと思っているモノです。
そんななか、こちらのブログを見つけ、読ませていただいています。
今までは本や雑誌でしか分からなかったことが、ハチローさんの記事や写真からリアルに感じることができます。

更新楽しみにしています!
初心者なので、今年の夏に挑戦できるかどうか?でも必ず登ります!

 林修巳 URL 2012-05-10 Thu 20:40:34

只々、あなた方の勇気と行動に頭が下がります。ハチロー何より気をつけてやってくれ。心からそう願います。

山の旅人 URL 2012-05-09 Wed 20:52:01

ブロ友から教えられてお邪魔しました。
夜間救助1,2と連続の救出、ほんとうにお疲れ様でした。
また、遭難された方のお仲間のコメントもあり
涙なくてして読めませんでした。

淡々と書かれていますが、想像を絶する救助だったろうと思われます。
まだ、奥穂高にはいってませんが、いずれお邪魔します。
お元気で活躍されることを祈念いたします。

おてんばやまんば URL 2012-05-09 Wed 18:33:24

夜間の救助、お疲れ様でした。
いろんな考えがあるとは思いますが、えてして楽しいことばかりの発信になりがちな小屋番さんのブログの中で
ここは、ハチさんの山や山ヤに対する真面目な気持ちや愛情が感じられて、大好きなブログです。
時々現れる関西弁にくすっとしたり、広島弁になんでやなん!と突っ込みながら読ませてもらってます。
是非これからも今のスタンスで情報を発信して下さい。
私もおごることなく山に向き合っていきます。

とっくん URL 2012-05-09 Wed 18:23:25

リアル「岳」の世界ですね。大変興味深く読まさせていただきました。命を救う現場は「今、目の前にある命を助けたい!」ということだけですよね。
これからもがんばってください。近いうちに小屋にお世話になりに行きます!

飯山初太郎 URL 2012-05-09 Wed 14:29:33

約40年前に残雪期~初冬の穂高連峰を度々訪れ、穂高岳山荘にもお世話になり、今は年相応の登山を楽しんでいる者です。
皆さんの遭難救助の活動に心から敬意を表します。皆さんが今後ともお体ご自愛のうえ活動されることをお祈りします。
それにつけても、最近の遭難の報に接するたびに「昔とは何かが違うのでは」と感じるケースが散見されるのが残念です。
5月18日にトークセッションを聞かせていただけること、楽しみにしています。

素人 URL 2012-05-09 Wed 12:21:25

救助お疲れ様でした。山が好きになってきたところですが、自分の力量にあった山で楽しみたいとおもいます。
本当にお疲れさまでした。

zuccaroi URL 2012-05-09 Wed 08:10:11

事実を正確に誠実に伝えるハチさんの感性が感じられます 

とらも URL 2012-05-09 Wed 07:39:18

山歩きを始めたばかりの者です。ブログを拝見させて頂き胸が熱くなり、涙が溢れてきました。
本当に、本当に、ご苦労様です。穂高にいつか行きたい!と思う自分にとって、この記事の存在がどれほどのものか…。ありがとうございます。そして、いつか会いに行きたい。山に、皆さんに。

URL 2012-05-09 Wed 01:14:08

ブログ等で発言する事は、とても勇気のある事だと思います

現実に起こった事を、事実として包み隠さず記して頂ける事は
登山する者にとり 重要な事でしょう

貴殿は遭難の方のプライバシー厳守し
救助の話もおごり高ぶらず書いておられますよ

命を落とされた方、ご冥福をお祈りします
救助された方も、命がけの救助に心より頭が下がります




URL 2012-05-09 Wed 00:44:35

ジャンダルム飛騨尾根3名のうち1名だけでも生きて帰ってこれて 本当に良かった。

山荘スタッフ、長野県警山岳救助隊、岐阜県警ヘリの皆様のおかげです。
厳しい環境下での救助、ありがとうございました。

元山岳救助隊 URL 2012-05-09 Wed 00:22:16

立て続けのレスキュー,本当にお疲れ様でした.
またアップロードを素晴らしく思います.
こうやって記録が残ってゆくと,後進の勉強になるからです.
将来は,遭難回数を棒グラフにして地図上に示した”遭難地図”が作られ,それが公開されると良いのかもしれません.
高頻度地域では,人々の注意が喚起され事故が抑制されるからです.
(結構な予算と人手が要りそうですが・・・.)

ひでのり URL 2012-05-09 Wed 00:13:14

夜間救助の2回の記事を拝見させていただきました。
先日4月29日には穂高岳山荘にお世話になり、奥穂高へ登らせていただきました。
山荘の方々や警察そしてその場にいた皆様の努力に頭が上がりません。
明日は我が身と引き締めていきたいと思います。
そして、いつもありがとうございます。

バブルス URL 2012-05-09 Wed 00:02:40

ありがとうございました、あとご苦労様でした。
私は彼らの仲間です。突然のことで結局顔もみれず、声もかけられなかった。
今でも彼らの死を受け入れられません。
でもこのブログを読んで彼らが必死で戦っていたことを知り、彼らの生きていた最後の顔と最後の声を確かにを感じることができました。

とてもいい顔をしていました。

どうもありがとう。

jas URL 2012-05-09 Wed 00:00:26

胸が熱くなりました。
涙なしには読めませんでした。
ご自分の命さえ危険なのに。

皆さん、本当に本当にお気をつけてください。

穂高が大好きです。
穂高岳山荘が大好きです。
夏にまた山荘に行く予定をしています。
よろしくお願いします。

URL 2012-05-08 Tue 23:53:52

読ませていただいて、こちらの胸が熱くなりました。ありふれた言葉で申し訳ありませんが、お疲れ様でした。

azm URL 2012-05-08 Tue 23:23:27

ブログ続けて拝見致しました。第三者では伺いしれないご苦労が沢山あったことと思います。日々山を登山者を守ってくれる方々の努力は計り知れないものがあると思いました。大変お疲れ様でした。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 夜間救助2

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top