Home > 穂高 > 救助訓練

救助訓練

  • Posted by: Hachiro
  • 2011-06-03 Fri 17:55:15
  • 穂高
6月1日~3日の日程で、長野県警山岳救助隊の訓練が涸沢で行われました。

今回は涸沢を中心とする各山小屋(涸沢ヒュッテ、涸沢小屋、北穂高小屋、穂高岳山荘)の
遭対協メンバーも参加となりました。

搬送1
(2011/06/02 前穂北尾根 5・6のコル直下にて)


あいにく訓練初日と二日目はどしゃ降りの雨。

しかし実戦はこのような悪条件の中でこそ多く起こるわけで、
雨なぞものともせずに、参加者みんなが真摯な熱意で訓練に取り組みました。

そして晴天となった本日三日目は長野県警航空隊も参加してくださり、
今の山岳レスキューではとても重要なヘリのホイストオペレーションも行いました。

ホイスト
(2011/06/03 ザイテンバットレスにて)


実際にはたった数日の訓練で隊員のスキルが飛躍的に向上する訳でもないのですが、
こうして穂高で実際のレスキュー現場に関わる者たちが一同に会し、
数日を共に過ごすことの意義はとても大きなものがあります。

その生涯を山岳救助に捧げた故篠原秋彦さんの言葉に、
「顔を知らないヤツといっしょにレスキューはできないョ」というのがありました。

そう、実際の山の救助というのは何時だって「チームプレー」です。
それぞれがそれぞれの立場で自分の役割のベストを尽くします。

だから個人がスーパーマンとなる「三歩くん」はあくまでフィクション。
でも、あの作品に描かれている「志」は、きっと山岳救助に関わる者みんなが大なり小なりもっています。

そんな熱き「仲間たち」と過ごさせてもらった三日間はとても心地よかった。
こうして穂高に関わらせてもらえることに誇りと感謝を抱きつつ、
来るべきシーズンへ向けて気持ちを新たにしました。







Comments: 1

松本の竹内 URL 2011-06-13 Mon 06:51:31

宮田様

北アルプスの写真、情報等楽しませて頂いております。
白出経由で穂高に行く予定でしたが、今回も涸沢ヒュッテ2泊で帰ってきました。
5月末で台風が近づいており初日と翌日は雨でしたが最終日は何とか晴れて穂高連峰が
観られましたし、ザイテン下部にて屏風越しにわが安曇野のシンボル「常念岳を撮ってきました。

涸沢ヒュッテにてTVにて天気予報の合間に宮田さんの撮影された「雪の穂高岳」を流しておりました。
昨年と今年1月に西穂の独標まで登ってきましたが、小生には独標から先は、まったく無理でしたが、
撮影は登山者に比べ相当危険でもあり、エネルギーが必要と思いました。
DVDは帰宅後インターネットで購入し少し大きいTVで拝見していますが迫力満点です。

どうかご自愛され、これからも山の風景、状態等見せて頂きたいと存じます。

2011・06・13      竹内



Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 救助訓練

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top