Home > 2017年04月12日

2017年04月12日 Archive

開幕前夜

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-04-12 Wed 16:36:35
  • 穂高
いよいよ明日は涸沢の小屋開けとなりました。
もちろん私の主戦場は稜線なのですが、ヒュッテのご好意でここのところ私も参加させていただいています。

今年はかなり雪が多いのではないかと予想します。
それに加えてここのところの低温と多雨で、山はかなり厳しい状況ではないかと。

これまでのどの年もそうでしたが、この入山直前というのは何かと下界に心残りを抱きます。
でも、それも流石に「下界最後の日」ともなるとそんな思いも振り切って「よしっ、今年も気合い入れるか!」との心持ちになろうというもの。


…しかし、私は今年はちょっとそう思いきれないところがあります。

それは我が家の老犬「じゃん」が、いよいよになってきてしまっているから。


P1090224.jpg



じゃんは17才6ヶ月、
人間でいえばもう90を越す超高齢です。

去年あたりからすっかり衰え始め、幾たびか訪れた危機も、つれ合いの献身的な世話でなんとか乗り切りました。
この冬はもっぱら薪ストーブの番をしてて、
シッコやウンチも、もうなかなか散歩では出来なくなって、
それでもスヤスヤ眠る平和な寝顔にはなんとも癒されていました。

犬はきっと、自分の命がいつか終えることなんか知ってはいません。
だから、その日その日の与えられし一日を全力で生きています(…てか、ほとんど寝てるけど)。

子ども達が幼い頃は一緒に駆け回り、
お母さんにはいつも「なんかちょーだい」とつぶらな瞳を向け、
私がどんなに遅く帰ってもシッポがちぎれんばかりに「おかえり!おかえり!」して迎えてくれました。
(うう、あかん、、こんなこと書いてるだけで泣けてくる…)

今、年老いて、その命がもう尽きようともするようになってさえ、
じゃんは日々とても多くのことを私に与えてくれています。


まだ雪深い山へと向かい、そこで体を張って仕事をしようとするからには、何かしらの覚悟や決意が必要です。
我々はそうした各々の守るべきものを背負い、あるいはそれに背中を押してもらって穂高で過ごします。
例えば遭難現場へ向かう時、私はこれまで家族のことを思い浮かべたりしたことはありませんけれど、
それでもそうして自分を支えてくれた何ごとかがなければ、到底これまでやってこれはしなかったと思います。


きっと今日という日は、覚悟や決意とともに、深い感謝を抱くべき日であるのでしょう。

明日の朝、家を出るとき、じゃんに何て声をかけようかと今考えながら。
































Index of all entries

Home > 2017年04月12日

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top