Home > 2015年04月

2015年04月 Archive

青空へ

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-04-28 Tue 11:22:39
  • 穂高
穏やかな晴天が続いています。


150425 涸沢岳より
(2015/04/25 2:30pm 涸沢岳より)



こんなに穏やかな穂高の春もめずらしいです。

小屋も昨日から営業を始めました。
どうか今年も穏やかな年であるよう願うばかりです。




そして僕はというと、
こんなに麗らかな春の日の中、
関わりの浅からぬ人の訃報が相次いで(どれも山がらみではありません)、
何だか呆然と山を眺めてしまっています。


空はこんなに青いというのに…















春の嵐

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-04-21 Tue 20:23:23
  • 穂高

150420 嵐の前
(2015/04/20 5:30am)


写真は昨日の朝陽ですが、この後急速に天気は崩れて春の嵐が吹き荒れました。

そして一昨日も昨日も降ったのは雪ではなく雨。
暖かい空気を運んで来る強風と雨というのは猛烈に雪を融かします。

でもそういった雨は例年だと大型連休の後に降るもの。

それが今年はどうしたことか4月中にきてしまいました。



そして晴天となった今日、山肌には黒々とした岩場が現れて辺りの景色は5月下旬か6月? 
というほどに一変しておりました。

150421 除雪
(2015/04/21 2:00pm)


ほぼ同アングルの入山時の写真と比べてみるとよくわかると思うのですが、わずか数日でこの変化はちょっとありえへんやろと。

もともと今年は雪が少なかったのに今回の雨風で季節がひと月は進んでしまった感じです。

現在は奥穂へのルートは半分ほどしか雪がついていませんし涸沢岳にいたっては全くといっていいほど雪を踏みません。
(でも核心のハシゴ上の雪壁と間違い尾根の雪壁はしっかり残っていますのでご注意ください)



小屋の除雪ははかどるので、それはありがたいのですが、
いや〜 それにしてもこんな4月はちょっとないですね。


















入山

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-04-19 Sun 04:04:57
  • 穂高
昨日、スタッフ10名が穂高岳山荘へ入山しました。

今年は例年よりも雪は少なめ。
と、言ってもご覧のとおり小屋はほぼすっぽりと雪の中です。


150418 山荘
(2015/04/18 7:40am ヘリより空撮)


150418 入山
(2015/04/18 7:40am ヘリより空撮)




穂高岳山荘の建つ「白出(しらだし)のコル」はほぼ一年中、風の強い場所です。
そして通常風は西から、つまり飛騨側から吹くので雪は風下側の信州側に多く積もります。
夏には多くの登山者の憩いの場となる石畳のテラスも、今はまだ5mほどの雪の下。

昨日も陽光ふりそそぐ中とは云え穂高の風はまだまだ冬の名残が強く、気温も−8℃ほどと寒かったです。


そんな中、これから11月の下山まで約200日の山小屋暮らしがスタートしました。


つれあいが作業机の傍らに、自分を鼓舞するように掲げている言葉=「へこたれない!」を胸に、
ぼくも今シーズンを斗っていきたいと決意する次第です。





















開幕前夜

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-04-17 Fri 07:14:50
  • 穂高
昨日は涸沢ヒュッテの小屋開けに同行して来ました。

150416 ヒュッテ入山
(2015/4/16 6:40am 涸沢にて)



今春の涸沢は例年よりも雪は1〜2m少なめ。
といってもまだ一面の雪原となっています。


150416_涸沢



降ったばかりの新雪を纏った穂高がとても美しかったです。


朝は風も強くちょっと荒れ模様だったのですが、陽があたりはじめると春らしい雰囲気になってきました。
そして気がつくと北穂沢をはじめあちこちに雪崩跡のデブリが(なかなか雪崩れる瞬間というのは目にしないものですね)。
やはり降雪直後の山というのはオソロシイ。


さて、雪が少ない=危険度が低い、ということは全然ありません。
むしろ稜線などはしっかり雪がついているほうが歩きやすかったりもします。

それとともかくコンディション変化の激しいのがこの時期の特徴で1日の中に冬と春が同居している感じです。



いよいよ明日は穂高岳山荘の入山日。

今年はどんなだろうかと胸高まる開幕前日です。


















祝辞

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-04-06 Mon 05:11:28
  • 穂高
先日のつんく♂さんの祝辞は心に響きました。

声帯を摘出したということへの驚きはもちろんですが、その悲劇を抱えながらも「前へ進もうよ」というポジティブな思いに溢れた新入生へのエール。


 私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事を考えながら生きていこうと思います。

 皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ない事。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりは無理なんだという人生が待っていると思います。




あの祝辞の中の「大学」という言葉を「仕事」と置き換えてみてもよいかと思います。

素晴らしいメッセージですね。







さて、「こんな私だから出来る事」   


…たとえばこんなんかなぁ





























Index of all entries

Home > 2015年04月

タグクラウド
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top