Home

ぼちぼちいこか

北穂沢

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-11-21 Mon 06:21:39
  • 穂高
小屋閉め前には「下山したら美味いもん食ってのんびりして…」とあれこれ思い描いていたものの、
結局下りてからのこの2週間は、その半分以上を撮影のために山に入っておりました。


161118 奥穂モルゲン
(2016/11/18 奥穂高岳ー北穂より)




ここしばらくは気温が高めで3000mの稜線付近でも幾度か雨交じりともなったのですが、さすがにもう根雪となった雪は消えません。
むしろ湿気を帯びた雪面は、その後の冷え込みでちょっとシャレにならんくらいの固さとなってしまいます。
昨日の富士山での滑落事故もそんな影響があったのかもしれませんね。

実際、一昨日の下山時の北穂沢では恥ずかしいくらいにビビってしまった。
斜度としては奥穂のあずき沢や白出とそう変わらないのですが、なにせ雪がテラテラのカチカチで、ワンミスが命取りとなることは間違いなさそうでした。
今回は単独だったこともあって(「こんなトコで滑落したら終いや…」)と、なおさら身体に力が入ってしまったのです。
でもそうして恐怖心が前にでてしまうとかえって腰は後ろへ引けてしまうもので余計にヤバい。
で、結局松波岩のコルから100m以上をクライムダウン(つまりは後ろ向きの四つん這い)する羽目となり、それはそれでフクラハギぷるぷる地獄となって大変でした。
ちょっと山をやる者なら「そんな斜度でナニやってんすか !?」とツッコまれそうでしたが、ま、そこは他に人目もないし恥も外聞もなかったわけです。

いや〜 コワかった。


でも考えてみると、だいたいこの時期の北穂沢ではロクな思いをしたことがないです。
新雪のモナカ雪に悪戦苦闘したり、下地のないラッセルにヘロヘロになったり、雪崩の恐怖に怯えながらお祈りしたり……

ま、そんな頃にウロウロするお前が悪いんやろうと言われればそれまでなのですけれど。




161117 滝谷_64_2
(2016/11/17 北穂・滝谷)










































山麓にて

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-11-11 Fri 10:01:14
  • 穂高
山麓では、まだ秋と冬とがせめぎあっていますね。



161109 上高地にて
(2016/11/09 上高地にて)




























営業終了

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-11-04 Fri 13:43:23
  • 穂高
4月下旬以来、約200日にわたった穂高岳山荘の営業は本日をもって終了となります。


161104 営業終了
(2016/11/04  13:30p.m.)


今年も多くの方で賑わった山荘の前庭も、今はもう雪と風の世界です。


今年も関係者のみな様には大変お世話になりました。

また今年、穂高へ訪れてくださった方、あるいは穂高に思いをよせてくださった方、そしてこの「ぼちいこ」を応援してくださった方、
ほんとうにありがとうございました。
こころより感謝申し上げます。

明日山荘スタッフ9名で白出沢を下山します。
(最後まで気をぬかずに気合を入れて)




それではまた!






ハチロー  拝



















新雪乱舞

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-11-01 Tue 19:21:18
  • 穂高
所用で下山していて、今日白出沢から入山しました。

昨夜の雨は山では雪だろうなとは思っていたのですが、標高1500mの白出小屋跡の周囲ですでに雪がちらほら。
標高1800m付近からは登山道でも雪を踏むようになって、標高2150mあたりの荷継小屋跡で約5㎝ほど。
たどり着いた穂高小屋の前庭では10㎝ほどの積雪でしょうか。

月が変わって11月になったとたん、山があわてて雪化粧をしたかのようです。


161101 新雪のジャン
(2016/11/01 奥穂山頂より新雪のジャンダルム)



ガスの切れた午後、数ヶ月ぶりにアイゼンを履いて奥穂山頂へ。
吹きつける烈風はもう冬のもので、オーバー手袋を脱いで撮影をしているとあっという間に手が凍えてしまいました。

岩と雪のコントラストが際立つこの時期は、穂高の岩肌がことさらエキゾチックな感じがします。






頬に痛い横なぐりの風と雪を待ち焦がれる心を、山を愛する人々は黙って抱いている。(串田孫一)




















晴朗なれど風強し

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-10-29 Sat 15:02:19
  • 穂高
昨日の雪はやはりその後雨となりもうほぼ消えてしまいました。
今日は寒気が居残ったせいか、午前中から青空が広がったものの風が強く寒いです。

161029 岩峰湧雲
(2016/10/29 10:30a.m.奥穂岩峰湧雲)



さて昨日記した西穂からのお客さんについて。

結果からいうと無事に小屋へ到着されました。
午後2時頃に小屋へ着いた20代後半のその4人は皆ズブ濡れで、小屋へ入るなりぶるぶると震えながらストーブにかじりついておりました。
雪から氷雨に変わるというおよそ絶悪の条件の中、アルプス最難の縦走路を経てきたそれぞれの表情には「マジ死ぬかと思った」という怖れと、「生きててヨカッタ」の安堵が伺えました。

夕食の折に「どの辺で雪になった?」と僕が訪ねると、
「西穂越えて間ノ岳の辺りから…」と、ちょっとバツが悪そうにひとりが答え、
「天狗のコルから岳沢へ下りるエスケープって知ってた?」とさらに訪ねると、
「…知ってたんスけど、まぁイケると思って」と。
「そのあとジャンからロバ耳あたりキビしかったやろ?」とさらに訪ねると、
リーダーらしき若者が「でもっ… これくらいは想定していたことだし…」と、
そしてその言葉にかぶせるように他のメンバーのひとりが「やっ、でも死ぬかと思ったスよ!」と、
さらにもうひとりが小さな声で「穂高って、スゴいところスね……」と。

僕は黙ってみそ汁をストーブに乗っけて「コレ熱いから、気ぃつけて」とだけ言ってその場を去ったのですが、
内心では「オマエら、エー経験したなぁ!」と肩でも叩いてやりたい気持ちでありました。

そりゃあ小屋番としては小言のひとつでも言って、彼らの無謀さを諭すのが本当なのかもしれません。
でも僕はこういうちょっと無茶でアホな若者たちがけっこうキライではないのです。
(無自覚でエラソーなオッサンたちには困ったもんやと思いますけど)

そうした「死ぬほどの思いの酷い目に遭う」というのは、山をやる上でかけがえのない経験です。
凍えるような雨に打たれて、それでも必死の思いで冷たい岩を掴みながら歩いたその山は、きっと彼らの財産となるはずです。


今年も多くの方が穂高で命を落とされました。
その方々が無謀や無知のあげくにそうなったのかというと必ずしもそうではないと思うのです。
もちろん突き詰めれば、その方ご自身の些細な不注意や不用意が原因ではあるのでしょうけれど、
でもそうしたミスというものは彼方や私だっていつやらかしてしまうかわからない類いのものです。
僕よりはるかに優れた岳人たちが山で逝ってしまったことがそれを示しています。

経験を重ねるというのは想像力を働かせられるようになることだと思います。
そして想像力というのは他人の言葉ではなくて自らの体験こそが元となるものでしょう。
そのためには成功体験よりも手痛い失敗こそが血となり肉となるものです。
ただ昨今は人の失敗に対して厳しい世の中ですし、何より山での失敗は時として死という結果につながってしまいます。
だからそこが難しいところではあるのですけれど。


それにしても彼らの晩飯の食いっぷりは凄まじく、5合の飯を4人でペロリと平らげられたのには参りました。
まあそうして無事に着いた小屋で力一杯にメシを食ってくれるのは、小屋番としては嬉しいものでした。



















Index of all entries

Home

タグクラウド
最新コメント
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
パタゴニア セール

使いっ走りheyko のつぶやき
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top